2005年03月30日

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法

微妙に分野が違うかもしれませんけど、あまりに有名なのであえて取り上げます。

最初に読んだのが、確かおととしの暮れ頃だったと記憶しています。
すでに5回以上は読んでいます。

ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法
ロバート G. アレン 今泉 敦子 神田 昌典

フォレスト出版 2002-02
売り上げランキング : 6,629

おすすめ平均
英語原版を読んでください
オススメしたい気持ちと、ナイショにしたい気持ちが半々
頭金なしで億万長者は凄い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある意味では、お金持ちになりたい人のバイブル的な存在になりました。続きを読む
posted by freeman at 21:04| Comment(0) | TrackBack(1) | お金持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

起業するために必要なことって何だろう。

まずは、斬新なアイデアと、確たるビジネスのスキルと言えそうですが、それだけではないのでしょうね。


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
マイケル・E. ガーバー Michael E. Gerber 原田 喜浩

世界文化社 2003-05
売り上げランキング : 1,112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


起業といっても、様々な形態があります。

ラーメン屋さんを開業するのも、中小企業診断士の資格をとって、コンサルタントになるのも、その価値と資質はほとんどイコール。

価値にはもちろん、貴賎もないし、自分自身が信じる道は常に正しいし、そうして自分が大好きで大好きでたまらない職種を選ぶのは当然のこと。

しかし、資質となると話は別・・・。

続きを読む
posted by freeman at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家のこころえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

26歳、熱血社長、年商70億の男―倒産寸前から、劇的なV字回復を遂げた男達の闘い

このところIT関連企業にばかり話題が集中していますが、こうして既存業種にも熱い企業もあると、再認識である。

26歳、熱血社長、年商70億の男―倒産寸前から、劇的なV字回復を遂げた男達の闘い
杉本 宏之

経済界 2004-03
売り上げランキング : 27,792

おすすめ平均
本物のリーダーだ!
感動のドラマ
本気

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


起業というと、どうしてもアメリカンドリーム、ジャパニーズドリーム的にとらわれがちだが、こうしてコツコツと成長と挫折を繰り返しながら頂点を極める方もいるということを再認識させてくれる本である。

装丁から受ける印象からは、この社長の苦悩や成長の過程を吹き飛ばしてしまいそうなほど、お手軽、お気楽な感じを受けてしまいますが、中身は感銘することしきり。

こんなに若いけど、いい経験してるんだなあ、ってしみじみと思ってしまう自分がなんだかしおれかけているのかもしれない。続きを読む
posted by freeman at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業家のこころえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

ハイパワーマーケッティング

マーケッターの間では、もはや伝説となっていた

『お金をかけずにお金を稼ぐ方法』 の完全復刻版が出ましたね。

お金をかけずにお金を稼ぐ方法ジェイ・エイブラハム 平仲 成敏

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本は長いこと絶版になっていたので、高値で取引されていたのはご存知ですか?

続きを読む

posted by freeman at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

考える営業

営業を考えてみよう。

昼間の仕事は営業をしている。
実際に営業の難しさや逆の醍醐味について、書き始めるときりがないほどある。

企業の戦略として、何たらかんたら言う前に、優秀な営業マンが3人いたらその会社は安泰ともいえる。

そのぐらい営業は大事である。
そんなことは誰でもかかりきっていることだと思うが、なかなか企業というものは簡単にいかないのも現実。

営業を極めることで、自分のビジネスを起業する足がかりになる。

いま間接部門にいる人も、製造や開発に携わっている人も、いかに営業を身につけられるかが、起業のキーワードとなる。

営業は難しいものだが、人は人といかに関わっていけるかで、その人生が決まるのである。

誰も一人では生きてはいけない。
よって、営業は人生そのものであり、人間そのものということになる。


■今日の一冊■
考える営業―生産性を飛躍させるプロセス革新

営業マンは1秒で変わりなさい―顧客を一瞬にしてつかむ45の法則
posted by freeman at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業マンの心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

起業したい人のための読書とは

起業家になりたい私が目指す、成功するための読書をご紹介します。

私は月に20〜30冊の本を読みます。
ただ読むのではなくて、毎日の仕事にも生かすために読んでいます。

昼間はサラリーマン。

そして夜は、夜な夜な何かをしています。

その何かのひとつには、『起業するための』読書や、サイト運営、そのほか色々と
やってます。

その中でも、自分自身が、必要と思われることはほとんど本から学びました。

学校で学んだり、親から学んだり、仕事の上で学んだりしていることもたくさんありますが、
それよりも多くのことを学ぶことが出来たのも、読書のおかげです。

本はいつでも読めます。

何度も読み返せます。

そして、文字の情報が、形を変えて自分の中であるひとつのアイデアと変わっていきます。

そのためだけではないけれど、本からは多くのことを学び、そして、いろんな智慧を私に
もたらしてくれました。

そんな本の一冊一冊を、このブログで紹介できたらいいのになって思っています。

posted by freeman at 20:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 起業家のこころえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。