2005年08月26日

億万長者に弟子入りしますかね

億万長者に弟子入りして成功する方法
億万長者に弟子入りして成功する方法


魔法使いの弟子みたいな感じですけど、確かにどの世界でもいいお師匠さんについたら、大成できるかといえば、答えはノーです。

どんな人でも成功できるか?

という設問と同様に、誰でもできるわけではないんです。

とは言え、限られた選ばれし人のみが成功するというわけでもないんです。

成功しようと自ら思い、そして行動したものだけが成功する。

当たり前といえば当たり前の理屈ですけど、これが正解です。

メンター(指導者)を探すように、この本では繰り返し述べられています。

本田さん自身が、なぞのユダヤの大富豪に触発されて、今の自分があるといっている限り、それはそのとおりだと思うんです。

私も実はそのとおりだと思っている一人なんですけど、じゃあ、どうやって探すの?


ということになるわけですけど、その探すところで大方の人は挫折していくことになるのでしょうね。

事実、そこらへんにそんな人が転がっている・・・といいますか、てぐすね引いておいでおいでしてるわけじゃなく、いろんな出会いの中からしか、その出会いには到達できないのだからです。

じゃあ、いろんな出会いすらできない人はどうしたらいいのでしょうか?

より多くの本を読み、語り、そしてしたためる。

自分の考えを誰かに、どこかに向かって発信し続ける人だけに、その特権は与えられるのでしょう。

多くの成功本の著者もそうですし、ネットの世界の住人は誰しもそうだといえます。

かのホリエモンすら、多くの出会いを求めて、広島の町を、頭を下げて回っていますよね。

例としては、参考にならないかもしれないですけど、あの方がああして、人に頭を下げて回る図というのも、ある意味では珍しいことですから、それだけでも、ああしてチャンスを自分で作り上げてきた人の行動には、いろんな意味で注目すべきでしょうね。

まあ、ホリエモンを擁護しているわけじゃなくて、そうして自分で行動して、チャンスを自らの手で作り上げていく作業の中に、多くの出会いが生まれてくるんです。

その辺を勘違いしてはいけないのだと思います。

ただ単に成功本を読んだところで、行動が伴わない場合には、いくら本を読んだところで何も生まれないですし、なにも変わりはしないということ。

そこのところを肝に銘じて、成功本を読破していきたいものです。
posted by freeman at 20:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 起業家のこころえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、成功おたくと申します。

「本田健」というビッグネームに期待して手にした本ですが、得るものが大きかったですね。
人生で成功するためには、緻密な戦略が必要だということですよね。

トラバさせていただきます。
それでは失礼します。
Posted by 成功おたく at 2005年12月10日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

億万長者に弟子入りして成功する方法
Excerpt: スティーブン・K・スコット著、本田健訳『億万長者に弟子入りして成功する方法』 「
Weblog: 成功おたくのビジネス書評
Tracked: 2005-12-10 16:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。