2005年05月14日

1億稼ぐ! メールマガジン私の方法 銀行口座380円が2億円になった理由

あの怪物メールマガジン『1日1分!英字新聞』の発行者の本です。

個人のメルマガで10万人の読者を抱えるものは数えるほどしか存在していません。

著者はその中の一人なのですが、自分の才能をうまく活用してお金を稼ぐ、情報起業家のひとりでもあります。

メルマガ→広告収入→情報商材販売→セミナー開講→セミナービデオ・DVD販売→書籍と、

ひとつのコンテンツからいく層にもキャッシュポイントを作り上げる、まさに起業家として成功し、なおかつサラリーマンでは及びもつかない収入を獲得している。

まさに、これから目指す起業家予備軍のわれわれがお手本にしたい一人。

鵜呑みにするとかいうレベルではないので、それなりに才能を発揮できるかどうかという部分では、自分の中にそれだけの物があるのかどうかは疑問がのこる。

でも、この手の本を読んで、そのまま何もしないでおくことが絶対にもったいない。

本から気づいたことを、ひとつでもいいから実行すべきなのは言うまでもないが、自分なりのストーリーを、自分流でまとめておくことがなにより大切なんだって感じましたね。

まったく同じことなどできっこないし、またする必要もないんだけれど、その中に含まれるエッセンスだけは身に着けて、自分でも実践していきたいものだ。

同じようにメルマガを発行しているけど、こんなに稼いでるわけでもないし、読者の数が10万人もいるわけでもない。

ある意味、プロフェッショナルな品質を維持できていることだけでも、成功するに値するのだと思うから、そういう、ものづくりへのこだわりをもって取り組むことがなにより大事なんだなって、思わされた。

続きを読む
【関連する記事】
posted by freeman at 08:07| Comment(0) | TrackBack(1) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

第四章 好きこそものの上手なれ

一芸に秀でる人は、多芸に秀でるものなのでしょうか?

よくなになに馬鹿とか、なになにき●がいとかっていいますよね。

たとえば野球馬鹿、競馬き●ちがい・・・などなどです。

そんな中で、特に芸能系統などでもそうですが、一般のビジネスもしかりであり、「一芸に秀でている方」っていませんか?

なにをやっても器用にこなす人とは微妙に違うんですけど、これだけはこいつに任せないとなあ。

っていう人。あなたの周りにもいませんか?

実際にほとんどの人が、一つや二つ得意なものや、分野をもっているかもしれませんが、この「一芸に秀でる」方っていうのは、なにをやってもそつなくしかも、あるレベルのこなし方を平然としたりしませんか?

芸能人にも多くいますよね。続きを読む
posted by freeman at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

普通の人が本を書いて怖いくらい儲かる秘術

これだけふざけたタイトルと語り口にある種の爽快感を覚えます。

わらし仙人なる読書人がいるのはなんとなく知っていましたが、書籍ははじめて読みました。
確かにこの人のアイデアと実践力は目を見張るものがあります。
しかし、普通の人が年間本を万単位で読めるかといえば、ある意味最初からあきらめますよね。でも、この人は独自の速読法でもって、10年間で6万冊を読破したそうです。
「本当かいな?」
といいたいところですが、本当のようですね。
実際に軽妙といいよりは、ふざけた感じの語り口に、ある意味の憤りを感じてしまうのもやむなしではありますが、待てよと。

私の中の何かが待ったをかけました。

批判するのはだれでもできるな、、、自分なりによく噛み砕いてこの本の内容を吟味しておく必要があるのじゃないかな・・・。

続きを読む
posted by freeman at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お金持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

仕事ができる人の質問力―この“視点”が、有能な人の証明!

初めて会った人や、新入社員に感じることがある。

それは、『この人いままで何をして生きてきたんだろ』

優秀な人でも、そうでもなくて普通のひとでも、それぞれに感じるフレーズである。そしてまた、それらの人たちは俺に何を聞きたいのだろうか?

そう素朴に思うことがある。


仕事ができる人の質問力―この“視点”が、有能な人の証明!
中島 孝志

関連商品
“疑問力”―仕事と人生の難問をあっという間に解く技術
質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング
問題解決のための「質問力」―9つの視点(エニアグラム)が仕事の質を高め、あなたを鍛える!
伝える技術わからせる技術―質問力・営業力・「プレゼン」力がつく!あなたの「話力」を完全補強する実践テクニック77
「部下を動かす!」スピード・コーチング
by G-Tools


この本の中身とはあまり関係ないのかもしれないけど、人に出会うと常にどう聞いたらいいのか、または、こういう風に聞いてくれればいいのにな。

そんなことを思い出す本です。続きを読む
posted by freeman at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

第三章 成功者に共通する習慣とは

成功する人、あるいは成功している人に共通している習慣とはいったいなにがあるのでしょう。

まず一つをあげるとすれば、「朝が早い」ということが言えるかもしれないですね。
これはほとんど全世界、ジャンルを越えて共通することのような気がします。

『同じ時間を夜に過ごしているよ。』

といわれそうですが、朝には全く別の力が備わるだけの、エネルギーのようなものが人間の体内に宿るのではないでしょうか?

続きを読む
posted by freeman at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネス版 悪魔の法則―ポジティブ思考のウソを斬る

あの神田昌典さんが、大変参考にした書籍です。

●ルールは破るためにある
●常識どおりで成功などおぼつかない
●プラス思考以外の感情-特に復讐心を元に成功することの認識


などなど、目からウロコの一冊です。

実際に読んでみると、この本のよさがじんわりと伝わってきます。そして世のスーパーマーケッターたちのエッセンスが、ここかしこにみられます。
神田さんも、そうですが金森氏もかなり影響を受けているようですね。

ビジネス版 悪魔の法則―ポジティブ思考のウソを斬る
ダン・S. ケネディ Dan S. Kennedy 池村 千秋


おすすめ平均
時代を超えた成功法則の書
入手可能なら読んで損はない
非常識な常識
ようやく入手して読んだ。「まさに、悪魔・・・」
すべては、現実を見つめることから始まる。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by freeman at 11:42| Comment(0) | TrackBack(2) | マーケッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

少々日々のことなど

最近さぼりぎみで、ほとんどのブログを更新できていませんでした。

週末起業に向けて、あれやこれやと日々模索する中で、起業ネタの一つに注力していたことと、本業(サラリーマンです)が想像を超えた成約率を獲得し、めちゃくちゃ忙しい年度末、年始となりおおせております。

所詮は起業はあくまで副業で捉えている・・・、などというつもりはありませんが、本業があってはじめて、自分で事業をお越す気になっているわけですから、自分自身の信念の基本であるのは間違いのない事実ですからね。

本業では営業をしています。

営業部 部長の肩書きに加え、執行役員でもあります。

今後取締役になり、常務に専務にと、組織の中で上を目指すこともそれはそれで意味のあることなのでしょう。

続きを読む
posted by freeman at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネするマーケティング

サルまねでマーケティングができるのか?

そう思った方、すでに筆者のマーケティングにはまっているということになります。
結局世の中の新しい発見やアイデアは、ほとんどが古いものや古い知識の組み合わせに他ならないということは、多くの識者や書籍に紹介されていることも事実。

この本では、基本的にはマネすることを奨励しているというのではなくて、やはりマネすることで自分なりのオリジナリティを加味した、新しいコンテンツを創出していくことのすすめに他ならない。

マネするマーケティング
岡本 吏郎

あさ出版 2004-02-20
売り上げランキング : 2,203

おすすめ平均
久々に面白いと感じたマーケティング本
大胆なタイトル
つまり日頃の積み重ね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
posted by freeman at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

メルマガ起業1年目の成功術

もはやメルマガ発行者にとってはバイブルともいえる本書。

管理人もこの本に、というかこの方に出会わなければまぐまぐでのメルマガ発行はしていなかったと言えます。

簡単にスラスラと書かれている文章には、ともすれば読み飛ばしてしまえるほど、平明な文章だといえます。

ただし、2度3度と読んで行くうちに、そうだったのかというヒントが随所に散見されており、いまでもたまに読み返しているほどです。

もしもあなたが、メルマガの発行に興味がおありで、これから勉強していこうと思っているのなら、この本は、メルマガ発行にとって参考になるだけでなく、独立起業するためにも、大変参考になる一冊です。
目からもウロコが落ちること請け合いです。


メルマガ起業1年目の成功術
平野 友朗


おすすめ平均
こういう本が読みたかったんです!!
ウワサよりスゴかった!
メルマガ発行はひとつの成長パターン
ニッチの成功を見つける
メルマガ起業1年目の成功術

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





続きを読む
posted by freeman at 18:33| Comment(0) | TrackBack(1) | メールマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

第二章 具体的な成功法則について

凡才でも成功する!和田式「人間力」の冒頭にこう記している。

>「成功するには『天才的能力』など不要であるということ。私を含め
>「凡才」であるということは、何らマイナスでない。「天才」とは一部
>の特異な現象であり、世の中は「凡才」が動かしているのである。


凡才でも成功する!和田式「人間力」―この1冊で「賢者の方法論」をすべて盗む!
和田 秀樹


おすすめ平均
人間関係を大切に
すぐに実績出来る

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本のテーマもずばり、成功するには法則があるということ。
筆者の実績や体験から導き出されている

さらに、その成功法則を表面でとらえてみても、小さく成功する事ができたとしても、さらに大きく成功させることはさらに大変である事だが、最初の一歩を踏み出せるかどうかでそれも決まってくるということである。続きを読む
posted by freeman at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。